初心者でも始められる資産運用が堂々登場!

男性女性

どんなメリットがあるか

貯金箱

メリット・注意点を知る

投資信託とは、投資家から集めたお金(ファンド)を、投資のプロがまとめて運用し、その成果に応じて収益を投資家に分配するという金融商品です。投資信託には、次のような3つのメリットがあります。1つ目は、少額資金で投資を始められることです。多くの投資信託は、1万円程度から購入できます。さらに、月々1000円から投資可能な投信積立と呼ばれるものもあり、貯金感覚で、毎月少しずつ積立投資ができます。2つ目は、投資のプロであるファンドマネージャーが運用してくれることです。銘柄の選別や売買のタイミングなどを、投資家に代わって運用のプロが判断してくれます。3つ目は、分散投資でリスクを軽減できることです。投資信託では、国内外の株式・不動産・債券など、様々な資産に分散投資をしています。分散投資を行うには、通常、ある程度まとまった資金が必要になります。しかし、投資信託はたくさんの投資家から集めた資金で投資を行うので、少額の投資であっても分散投資の恩恵を受けられます。以上のように、投資信託には多くのメリットがあります。しかしながら、当然、注意点もあります。投資信託の注意点は、コストがかかることです。投資信託のコストの1つに運用管理費用(信託報酬)があります。運用管理費用とは、投資信託の運用にかかるコストで、保有期間に応じて発生します。運用管理費用が年間1%違うだけでも、長く保有すれば、収益に大きな差が生じてしまいます。ただし、コストが安ければいいという訳ではありません。大切なのは、運用成果に見合っているかどうかです。長期のリターンがどれくらいになるか評価した上で、割安か割高か判断して下さい。